前へ
次へ

法人の利用が増えているレンタル携帯

イベントや展示会に参加する法人のレンタル携帯の利用が増えているといいます。
その理由は、使いたいときに使いたいだけ使用することができるので、契約に縛られる必要がないからです。
展示会や企業のイベントというのは期間が決められているため、その間だけスタッフのためのレンタル携帯を用意する企業が多いと言われています。
旧型のガラケーであれば、1日あたり数百円のレンタル料と事務手数料、それに通話料も使用した分だけ支払えば良いので明朗会計であとで経費で落とすことができるため、法人の利用においては大変便利なサービスであると言えるのです。
イベント期間中というのは、連絡事項が多いことから、社員のプライベートの携帯を利用する場合は負担がかかりすぎてしまう恐れがあります。
そこで、まとめてレンタル携帯を借りることで経費を削減することができるだけでなく、社員の負担の軽減につながることから、レンタル携帯が法人に重宝されています。
法人のレンタル携帯の利用は、1泊2日から利用を始めることができます。
最短のプランが1泊2日であるので、直ぐに利用を開始して使い終わったら返却するというスタイルのサービスとなっているのです。
イベントや展示会に参加する社員の連絡方法としては、レンタル携帯は最も手軽な連絡手段であり、他の部署の個人的に連絡先を知らない人とのやり取りも、わざわざ連絡先を交換せずに行うことができるとあって、不便さを解消することができる手段として評価されているのです。
法人のイベントや展示会というのは人が多く集まり、動員されるスタッフも決して少なくありません。
そんな中での連絡手段には、レンタル携帯を用いることで煩わしさを解消し、快適に連絡をとりあうことができるので大変便利です。
通話も使った分だけ後払いになるので、あまり通話料金を気にすること無く、しかも社員やスタッフは自己負担ゼロで利用することができるので使い勝手が良いです。

Page Top